サンマの赤梅酢煮

サンマの赤梅酢煮です。
塩味がしっかりつくので梅酢の量もそれほどではなかったせいか、色もつかず、でした。
青魚の梅酢煮は小林カツ代さんのレシピで知ったのですが、それはイワシの梅酢煮でした。もちろん白梅酢。
そおっと煮て、お箸で触ってもすぐ光った皮が破れてしまうのでたいへん神経を使う煮物だなあと
最初はそんな印象でしたが、それはサンマでも同じでした。


サンマはいつもの「母親とき子レシピ」なら、一度さっと煮こぼして生臭みを取り除き、
あらためて甘辛+米酢(結構多め)でグツグツ。出来上がりは骨まで軟らかく食べられる
佃煮風の仕上がりにするのですが、これを今回は「カツ代レシピ」流用で赤梅酢を使って作ろうと思った次第です。
あまり時間をかけなかったので、骨は少し残りましたが、そんなことは気にしないで食べてしまうのが私。
色こそ残らなかったものの梅酢の塩気と香りが気持ち残って、サッパリした味わいに仕上がりました。



14102241_1025811964207117_5482685339931488761_n

サンマの赤梅酢煮