ローラースケート


以前にはどこでも滑ることができたスケートですが、最近ではすっかり影を潜めてしまいました。
日本の場合は法律の問題があるので、とても外国のように自由に滑ることなどできないのです。
ウィールが金属でできている通称ガラガラスケートを履いて昔の子どもはどこでもスケートを楽しんだものでした。


shiyou-1

滑ることができなくなり、代わりに滑ることができる場所もそうそうはなく……。
一時的にローラーゲームの大ブームやローラースケートを履いたアイドル光GENJIの人気で盛り上がったかのように見えた スケート人気も根付くことはなく再び下火になっていったのでした。


s-shiyou-1

遊びとして廃れればそこから育っていく競技選手もだんだんいなくなっていきます。
そうして日本のスケート競技の選手人口は非常に少なくなっていき、今ではマイナースポーツと言われるようになってしまいました。


s-shiyou-2

4輪のクアッドと呼ばれる昔から見るタイプのポピュラーなスケート靴とウィールが直線に並んだインラインと呼ばれるスケート靴があります。
それぞれの特性を生かして、さまざまなカテゴリーがあるのです。
クアッドではフィギュア、リンクホッケー、ダンス、ローラーダービー。
インラインではスピード、スラローム、インラインホッケー、アグレッシブ、インラインアルペン、ダンス。


s-shiyou-3

一つのスポーツでこんなにたくさんの種類に恵まれた、多面体のような楽しさがあるスポーツが他にあるでしょうか。
スケートは滑って楽しい、見ても楽しいスポーツです。
そしてバランス感覚や体幹を鍛えることができるのです。
同じ時間走るなら苦しくてたまらないことにもなるのに、なぜかスケートだと滑れてしまうなんて話も聞いています。
そんな楽しいスポーツを昔のようにもう一度身近なものにしたいと思いました。
地元の千葉県で少しずつスケートファンを増やすために、さまざまなことにチャレンジしていきます。


s-shiyou-4


ローラースケートのブログ記事へ

ローラースケートのアーカイブ(写真)へ